real-estate

【マンション・アパートどっち?】建物構造のメリット・デメリット解説

2021年2月27日

こんにちは!ひろポンプです。

今は1年の中で最も引っ越しが多い時期ですね(^-^)
もう気に入ったお部屋は見つかりましたか!?

物件探しをしているとマンションアパート、そして建物の構造というものを目にする機会も多いのではないでしょうか、、

  • 建物の構造にはどういった種類があるのか知りたい!
  • 木造や鉄骨造などのそれぞれのメリット、デメリットって?
  • マンションとアパートの違いってよく考えると分からないかも、、
  • 結局マンションとアパート住むならどっちがいいの?

こういった疑問を持つ方に、【マンション・アパートどっち?】建物構造のメリット・デメリット解説というテーマでお話を進めていきます。

この記事の筆者

賃貸仲介の不動産会社で約5年の実務経験あり。
宅地建物取引士の国家資格を持つ私が解説していきます。

この記事を読むことによって、あなたがどんなタイプの物件を選べば分かるはずです!

建物の構造の種類をメリット・デメリットも含めて解説

まずは建物の構造の種類について紹介していきます。

それぞれの種類の特徴はもちろんのこと、メリット・デメリットを含めて解説していきます。

ここでは、一般的な5種類を挙げています。
さっそく見ていきましょう!!

木造

みなさんがアパートと言ったらまず真っ先に思い付くのが、この『木造』だと思います。

『木造』について詳しく説明していきます。

特徴

『木造』とは、正しく字の通り”木材”で作った構造のことを指し、日本の戸建やアパートで最も主流なものです。

木材は水分を吸収すると膨張し、乾燥すれば水分を発散して収縮する特性を持ちます。

湿気が多く、季節の移り変わりが大きい日本の気候に適していると言えるでしょう。

メリット

一番のメリットは建築コストが安いので、賃料設定が安くなるということが挙げられます。

また建物の構造上、柱や壁の間に隙間を開けるので通気性が良く、年中一定の湿度を保てます。
そして木材の性質上、湿気を吸収してくれるので、窓の結露やカビが発生しにくいのも魅力の一つです。

デメリット

デメリットはみなさんも想像されている通り、防音性・遮音性が欠けてしまうということが挙げられます。

また通気性が良いということは、室内の気密性が低いということなので、冷暖房が効きにくいのもデメリットとして考えられます。

軽量鉄骨造

続いて、『軽量鉄骨造』です。
こちらも一般的に「アパートタイプ」の物件によく使われる構造の種類です。

さっそく、見ていきましょう。

特徴

『軽量鉄骨造』とは、柱や梁などに使われている鋼材の厚さが6mm未満のもので作られているものを指します。

木造よりも強度が強く、コンクリートを使用しないため、建築や間取りの自由度が高いのが特徴です。

メリット

こちらも『木造』と同様、建築コストを抑えることができるので、賃料設定が安い傾向にあります。

また『木造』と比べて、柱や梁に鉄骨を使用しているので、多少は防音性が優れています。

デメリット

鋼材の厚さ6mm未満のもので作られているため、建物自体が重量に耐えられず、地震などの大きな力が加わった際には、木造よりも大きく揺れることがあります。

ただ『木造』も同じことが言えますが、どちらも地震や風などの大きな力に強くないので、基本的に2階~3階建てまでの物件しか作れないことになっているので、そこまで心配しなくても良いかなと思います。

鉄骨造

さて、ここから俗にいう「マンションタイプ」の物件です。

まずは、『鉄骨造』を見ていきます。

特徴

鉄骨造とは、柱や梁などに使われている鋼材の厚さ6mm以上のもので作られているものを指します。

英語表記の場合は、『S造(Steel)』と呼びます。

※ここでは、軽量鉄骨造以外のものを『鉄骨造』と表現しています。

正式には軽量鉄骨造以外の鉄骨造は重量鉄骨造と呼ぶのですが、SUUMOで物件を探すときや実際に不動産会社に行って物件を紹介する資料(募集図面)には、『鉄骨造』という表記が一般的なので、あえて『鉄骨造』という表記で進めていきます。 より気になる方は「鉄骨造 軽量 重量」で検索して調べてみてください。

メリット

鋼材の厚さ6mm以上のもので作られている為、軽量鉄骨造よりも耐久性が増します。

耐久性が増すことによって、戸数が多い大型のマンションを建てることができます。

またこの後に紹介する鉄筋コンクリート造(RC造)と比べて、重量が軽く必要な柱や梁の数が少ないため、工期を短縮できたりコストを削減できたりするメリットがあります。

デメリット

大型の建物になるため、材料費などの建築コストが木造や軽量鉄骨造と比べて高くなるので、その分家賃設定にも大きく影響してきます。

また分類としては、「アパート」ではなく「マンション」ですが、一般的に壁の厚さは一緒と言われています。

もちろん木造よりは防音性・遮音性は優れているという意見が多いですが、今ままでたくさんのお客様から聞いている話だと、そこまでの大差はないようです。。。

鉄筋コンクリート造(RC)

みなさんが想像する「マンション」には、おそらくこの『鉄筋コンクリート造』という構造が使われていることが多いです。

特徴

鉄筋コンクリート造は、柱・梁・床・壁が鉄筋とコンクリートでできている造りのものを指します。

英語表記の場合は、 『RC造(Reinforced Concrete)』と呼びます。

鉄筋は引っ張る力に強いですが、熱に錆びやすいです。逆にコンクリートは熱に強く、引っ張る力に弱いですので、お互いの短所を補い合って強度を高めていると言えます。

メリット

コンクリートは音を通しにくいという性質を持つので、防音性・遮音性が高いということは非常に大きいメリットかと思います!

また室内の気密性が高い為、エアコンの運転効率が高まり、電気代の節約にも繋がります。

その他にもコンクリートは不燃材料の為、耐火性も優れています。

デメリット

鉄筋やコンクリートは材料費が高く、コンクリートを固める作業が入る為、建築コストが高くなります。それはつまり、家賃設定が高くなるということに繋がります。

また気密性が高い為、結露やカビが発生しやすくなるのもデメリットの一つです。

こまめに換気するようにしましょう。

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)

最後に、『鉄骨鉄筋コンクリート造』の紹介です。

使われている文字を見るだけですごく頑丈そうですね笑

こちらも見ていきましょう!

特徴

鉄骨鉄筋コンクリート造とは、鉄骨の柱の周りに鉄筋を組み、コンクリートを打ち込んで施工する造りのことです。
英語表記の場合は、『SRC造(Steel Reinforced Concrete)』です。

鉄筋とコンクリートに、鉄骨を組み合わせることにより、非常に高い防音性・耐震性・耐火性・耐久性を持ちます。

そのため、タワーマンションに使われることがほとんどです。

メリット

言わずもがなですが、防音性・耐震性・耐火性・耐久性など全ての面で優れています。
「安心して住みたい!」という気持ちが再優先の方は、鉄骨鉄筋コンクリート造の物件に住むことをオススメします!

デメリット

鉄骨・鉄筋・コンクリートを使用して建物を建てるわけですから、必然的に材料費が高るので、賃料設定が高くなるのも必然です、、、

また大規模な物件で使われることが多いので、室内に大きい梁があり圧迫感を感じることも多いです。

結局マンションとアパート住むならどっちがいいの?

ここまでは、建物の構造の種類をメリット・デメリットも含めて解説してきました。

「それぞれのメリットやデメリットは分かったけど、住むなら結局どれが一番良いの?」

と疑問を感じた方がきっと多いですよね。

ここからはそんなみなさんの疑問を解消するために、引き続き解説を進めていきます。

結論は「人による!」

ズバリ、結論は「人による!」です。

「なんだよ、、結局分からないのかよ、、」

と思った方に対しては、申し訳ない気持ちでいっぱいです。。。

ただすべての方へ「これに住んだ方が良い」と当てはめることはできません。。。
だってみなさん「求める条件」「希望家賃」は違うじゃないですか。。。

ただ実際に不動産会社へ来たお客様であれば、同じ質問をされたとしても
「あなたは〇〇という構造の物件に住んだ方が良いと思います」とアドバイスが可能です。

なぜかというと、それはその人の「求める条件」や「希望家賃」がヒアリングできるからです。

具体例を見ていきす。AさんとBさんの2人のお客様がいらっしゃると仮定します。

Aさん

仕事でテレワークが多くなってきた影響で、自宅でオンライン会議がある。そのため室内の防音性は高い方が良い。また会社の規定が変わり、家賃補助が家賃の50%出ることになった。

Bさん

サービス業の仕事なので、必ず会社へ出勤する。休みの日も趣味のために外出することが多いので、家にいる時間は他の人と比べると少ないかも。趣味でけっこうお金を使うので、家賃はできるだけ抑えたい。

AさんとBさんがそれぞれ上記のような希望を持っているとして、あなたが不動産の営業マンでどういった構造をオススメしますか?

ここまで記事を見てくださったみなさんなら簡単だと思いますが、

Aさんには『鉄筋コンクリート造(RC)』もしくは『鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)』、Bさんには『木造』もしくは『軽量鉄骨造』の物件を提案するのばベストですよね!

このように、「結局マンションとアパート住むならどっちがいいの?」という質問に対しては、「人による!」という回答になってしまいます。

迷ったらRC造orSRC造

「そりゃそうなんだけど、結局住むならどれが一番良いのか教えてよ!」という人も一定数はいるはずですよね。このセクションでは、そんな方に向けて記事を書いていきます。

私の個人的な意見ですが、迷ったら『RC造』or『SRC造』を選べば問題ないじゃないかなと思います。

『木造』『RC造』『SRC造』を比較すると、もちろん『RC造』『SRC造』の方が賃料は高く設定されていますが、3倍も値段が違うことはないです。

また『木造』『軽量鉄骨造』の物件に住むと騒音トラブルが発生してしまう事例がどうしても存在します。

もちろん『RC造』or『SRC造』でも大声で叫んだり音楽を爆音で流したりすれば騒音トラブルになる可能性は0ではありませんが、木造だと普通の生活音でも自分が他の部屋の音が気になったり、自分が発生させた音で他の人が不快感を抱くことも少なくありません。

もしどの構造が良いか迷っている方がいれば、『RC造』or『SRC造』を選択するのが無難です。

実際に私のお客様でも同じようにご提案して、『RC造』『SRC造』を選んで後悔したという方にまだお会いしていませんので、ある程度説得力もあるのではないでしょうか。

木造・鉄骨造も魅力的!?

かといって、『木造』・『鉄骨造』(重量鉄骨造・軽量鉄骨造)も非常に魅力的です♪

賃料設定が安いだけはなく、選択肢が広がるという意味でもオススメです。

例えばロフト付き物件は、構造的に『木造』もしくは『軽量鉄骨造』がほとんどです。天井高のお部屋が良いという方は、『木造』もしくは『軽量鉄骨造』を選ぶと良いでしょう!

また「築年数が浅い物件が良い!」という方も『木造』『鉄骨造』がオススメです。もちろん『RC造』『SRC造』でも築浅の物件は存在するのですが、家賃が非常に高く、そもそも数があまりありません。木造・鉄骨造は小さいスペースでも物件を建設することができるので、築年数が浅い物件が数多くある傾向にあります。

防音性・遮音性というデメリット以上に、メリットも多数あるのが、木造・鉄骨造です!

以上です。

もしかしたらこの記事を読んで、「前よりどの構造にしようか迷ってしまった、、、」という方もいるかもしれません、、、

ただ何も知らないで構造を選ぶより、それぞれのメリットやデメリットを知った上で選ぶ方が確実に良いです!

繰り返しになりますが、最後はあなたの「求める条件」「希望家賃」によって「どの構造を選んだ方が良いのか」が決まりますよ!

少しでもこの記事を見て、あなたのお部屋探しがより良いものになること願っています。
ではまたどこかでお会いしましょう(*´з`)

内見のポイントを知りたい人はこちら


【内見前・内見時・内見後】初心者が確認しておくべきポイントまとめ

こんにちは。ひろポンプです! お部屋探しのときに、みなさんは必ずと言ってもいいほど”内見”をしますよね? ただ意外と”内見”について、下記のような疑問や不安がある方はきっと多いはずです。。。 初めての ...

続きを見る

良い不動産会社の選び方を知りたい人はこちら


【良い不動産会社の選び方4つ】騙されないための注意点3つも解説

こんにちは!ひろポンプです。 新生活が多くなる季節ですね!ワクワクな気持ちもありますが、色々準備も大変ですよね、、、 新生活を始める上で、必要なのは”お部屋探し”です。その”お部屋探し”を行うためには ...

続きを見る

-real-estate
-, , , ,

© 2021 ひろポンプブログ Powered by AFFINGER5