REAL-ESTATE 資格取得

【2022年宅建のおすすめ直前模試3冊】当たる予想問題集で合格へ

2022年2月12日

こんにちは。ひろポンプです!

不動産関係の仕事に就いているのであれば、“宅地建物取引士(宅建)”の合格に向けて、日々勉強している人も多いのではないでしょうか。

そして本試験の直前の対策によって、合格の結果が大きく変わるため、念入りな準備が必要ですよね。

  • 市販の宅建直前模試はどれを選べばいいの?
  • 合格するためにおすすめの予想問題集が知りたい。。
  • 直前予想模試の活用法やポイントを教えてほしい、、

宅建の直前予想模試について、上記のような悩みや疑問を抱えている人もきっと少なくないはず。

そこで今回は、【2022年宅建のおすすめ直前模試3冊】当たる予想問題集で合格へというテーマで話を進めていきます。

この記事の筆者

約3ヶ月半の独学で宅地建物取引士に一発合格しました。
他にも様々な資格に独学合格しており、FP2級・日商簿記2級・英検2級・漢検2級を保有。
勤め先の不動産会社では、社内宅建合格プロジェクトの責任者を任されていました。

宅建合格に向けて、テキストや過去問題集を使って、勉強を積み重ねるのも重要ですが、同等かそれ以上に本試験前の直前予想模試で腕試しすることは非常に大切です。

私自身も今まで多種多様な資格を取得してきましたが、いずれの試験も直前模試を重宝した結果として、合格に結びついたといっても大げさではないでしょう。

今回は、私も実際に使用した市販の直前模試はもちろんこと、具体的な活用法やポイントも全て余すことなく公開していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

現時点では2021年版を表示しています。2022年版が発売され次第、リンク先を変更します。

【2022年版】宅建のおすすめ直前予想模試3冊

【2022年版】宅建のおすすめ直前予想模試3冊

さっそく、宅建のおすすめ直前予想模試3冊をご紹介していきます。

以下の通りにまとめてみました。

宅建のおすすめ直前予想模試

  • 『出る順宅建士 当たる! 直前予想模試』
  • 『本試験をあてる TAC直前予想模試 宅建士』
  • 『みんなが欲しかった! 宅建士の直前予想問題集』

実績と人気を兼ね揃えている良書たちです。それぞれの特徴と魅力を詳しく解説していきます。

ちなみに・・

極論を言ってしまうと、試験本番でどんな問題が出るかなんて誰にも完璧に予測できませんよね(笑)

であれば、結論として、信頼のある大手企業から出版されている直前模試を購入するべきでしょう。

資格の大手会社は、自分たちの地位やブランドを守るために、膨大な費用をかけて過去問などから分析を行ったり、専門家にヒアリングをかけて出題傾向を当てたりすることに必死で取り組んでいるはず。

今回の厳選した3社は、宅建の資格業界の中でもトップレベルに信頼が厚いので、安心して本試験前の総仕上げとして活用してください!

『出る順宅建士 当たる! 直前予想模試』

まず1冊目は、『出る順宅建士 当たる! 直前予想模試』です。

資格の大手である“LEC”が制作している予想問題集で、「宅建の直前模試といえばコレ!!」と呼び声も高い良書です。

模試4回分が収録されており、全ての回に無料解説動画付きで、専任講師の授業を受けているような感覚で学習を進めることが可能です。

またWEB無料採点サービスも備わっていて、個人成績表や得点分布、設問別正解率などのチェックができるので、学習効率もUPするでしょう。

宅建を受験する全員にトライしてもらいたいと個人的に思っている直前予想模試です!

『本試験をあてる TAC直前予想模試 宅建士』

続いて2冊目は、『本試験をあてる TAC直前予想模試 宅建士』です。

資格の学校で有名な”TAC“の講師陣が総力を結集して制作した予想模試となっています。

予想模試4回分が収録されており、丁寧な解答・解説付きなので、本試験の“予想”を解きながらも、着実に”実力“をつけるのにもオススメの良書です。

また試験本番で狙われやすい法律改正点と最新統計問題にもしっかりカバーされているので、取りこぼしなく合格を目指せるでしょう。

『本試験をあてる 宅建士プレミアムレクチャー』と称した、購入者限定でWeb配信される特別講義を視聴することも可能ですよ!

『みんなが欲しかった! 宅建士の直前予想問題集』

最後の3冊目は、『みんなが欲しかった! 宅建士の直前予想問題集』です。

宅建のテキスト・問題集・過去問で不動の人気を誇る『みんなが欲しかった!』シリーズの直前予想問題集版です。

直前予想問題集でありながら、同じ『みんなが欲しかった!』シリーズのテキスト(宅建士の教科書)へのページリンク付きなので、復習にバッチリ使用できるのが魅力でしょう。

『みんなが欲しかった!』シリーズで宅建の勉強をしている人にとっては、必ず購入しておくべき直前模試ですね。

宅建のおすすめテキスト・問題集3選はこちら

【宅建おすすめテキスト・問題集3選】独学で一発合格した私が教えます
【宅建おすすめテキスト・問題集3選】独学で一発合格した私が教えます

こんにちは。ひろポンプです! 「今後に活かせる資格として、宅建(宅地建物取引士)の試験を独学で受けてみようかな」と受験を検討している人がけっこう多いのではないでしょうか。 それもそのはずで、宅建は毎年 ...

続きを見る

市販の直前予想模試で合格を勝ち取る活用法・ポイント

市販の直前予想模試で合格を勝ち取る活用法・ポイント

ここまで、宅建のおすすめ直前予想模試3冊をご紹介してきました。

数多く販売されている直前模試の中で「私は○○を選んでみようかな!」と思ってくれたら嬉しいです。

ここからは、市販の直前予想模試で合格を勝ち取る活用法・ポイントを解説していきます。

当然の話ですが、どんなに出題予想がドンピシャで当たる直前模試を買っても、間違った使い方をしてしまうと合格から遠ざかってしまいます。。

ぜひ参考にしてみてください!

難しいのは当然。点数が取れなくても焦る必要はナシ

まずお伝えしたい点は、難しいのは当然。点数が取れなくても焦る必要はナシということです。

各社が出版してる直前予想問題は、本試験と比べると少し難しめに作成されています。

仮に本試験よりも簡単な直前模試を発売したら「おい!あんた達の直前模試が当たるって聞いたから買って勉強したのに、本試験の方が難しいじゃねぇか!!」とクレームがきそうですよね・・

そのため試験前にあまり点数が伸びていなくても落ち込むことはありません。「これが本番じゃなくてよかった!」とポジティブに捉えて、少し難しめの問題で自分の力をレベルアップしておきましょう。

もっと詳しく

偉そうなことを言っている私ですが、直前模試の予想合格点に届かなくて、イライラして紙をグシャグシャにした記憶があります・・(笑)

でも大丈夫です。試験前に難しめの問題を見たことによって、本番中には焦らず取り組むことができましたよ!

本試験ギリギリはNG。余裕を持ったスケジュールで解く

直前模試と記載されているので、本試験の2~3日前に模試にトライする人がいるのですが、完全によくある勘違いです。

本試験ギリギリはNG。余裕を持ったスケジュールで解くことを心掛けましょう。

私の場合は宅建に限らず、だいたい本試験の2~3週間前に直前模試を解くようにしていました。

2~3週間前に直前模試をやっておくことで、たとえ知識不足を感じたとしても、最後の追い込み学習でどうにかなることが多々あります。

その一方で、本試験の2~3日前に「うわ、、全然学力が足りてないじゃん、、」と認識したところで、何も状況を変えられないはずですよね。

1社ではなく、2~3社購入して見慣れない問題に慣れよう

直前模試は1社だけではなく、2~3社購入して見慣れない問題に慣れることが大切でしょう。

もちろん1社の直前予想模試を受けてみて、満点近い点数であれば、それ以上の勉強は不要かもしれませんが、そういった天才はほんの一握りです。

また直前模試は発売しているところによって、多少なりとも癖があります。

「A社では40点とれていたけど、B社だと30点しかとれなかった、、」というケースも存在します。

冒頭でも述べましたが、本試験でどういった問題が出題されるかは誰にも分かりません。

ただしどんな角度・どんな言い回し・どんな内容であれ、複数の直前模試を購入することで対策することが可能なはずです。

ココがポイント

私は合計で3冊の直前模試を購入して、無事に合格することができました。

確かにお金はある程度かかりましたが、「もし不合格になってしまったら・・」と想像しました。

1年後に改めて最新のテキストや問題集を買う費用、そして何よりもまた来年に勉強にかける時間を考えたら、安い買い物だったなと大満足です!

以上です。

市販されている宅建のおすすめ直前予想模試3選を、活用法などを含めてご紹介してきました。

この記事をご覧いただいた一人でも多くの方が、宅建合格を達成できるように全力で応援しています!

そして、下記の独学勉強法やおすすめの通信講座も参考にしてみてください。

それではまたどこかでお会いしましょう(*’ω’*)

宅建のおすすめ通信講座5社

【厳選5社】宅建合格におすすめのオンライン講座・通信講座まとめ
【厳選5社】宅建合格におすすめのオンライン講座・通信講座まとめ

こんにちは。ひろポンプです! 「何か将来に役立つ資格を取得したい!」と思ったときに、“宅建(宅地建物取引士)”に挑戦しようと決意した人がけっこう多いのではないでしょうか。 宅建は合格率が約15%という ...

続きを見る

宅建の独学での勉強法とコツ

【独学で宅建合格】偏差値38高校出身の私が受かった勉強法とコツ
【独学で宅建合格】偏差値38高校出身の私が受かった勉強法とコツ

こんにちは!ひろポンプです。 ”宅地建物取引士”は数ある国家資格の中でもトップの人気を誇ります。不動産業界へ就職する方であれば取得必須と言われていますよね。 ただし合格率が低く、難易度もかなり高いため ...

続きを見る

おすすめの転職エージェント・サイト3選+α

不動産業界に強いおすすめ転職エージェント・サイト3選【未経験も可】
不動産業界に強いおすすめ転職エージェント・サイト3選+α【未経験可】

こんにちは。ひろポンプです! 不動産業界は資格やスキルを活かして、高年収を狙える人気のある業界です! 転職を通してキャリアップを目指す人や未経験から不動産業界へ転職する人も多い一方で、転職エージェント ...

続きを見る

-REAL-ESTATE, 資格取得
-, , ,