仮想通貨

【初心者向け】Phantom Wallet(ファントムウォレット)の作り方

2022年11月3日

こんにちは。ひろポンプです!

仮想通貨を扱うためにPhantom Wallet(ファントムウォレット)が必要なケースがあります。

しかし、Phantom Wallet(ファントムウォレット)のダウンロード方法が分からず困っている人も多いのではないでしょうか。

  • 仮想通貨で必要なファントムウォレットってなに?
  • Phantom Walletのインストール手順が知りたい、、
  • 初心者が使う上で注意すべき点を教えてほしい。。

Phantom Wallet(ファントムウォレット)について、上記のような疑問や不安を抱く人もきっと少なくないはず。

そこで今回は、【初心者向け】Phantom Wallet(ファントムウォレット)の作り方というテーマで話を進めていきます。

この記事の筆者

ビットコインの積立投資やMove to Earnに先行投資を継続中。
10万円を超えるNFTアートを複数所有。
これまでに仮想通貨やNFTなどに対して合計65万円ほど投資しています。

私も初めて”Phantom Wallet”の単語を聞いたとき、「何それ?呪文とか?」と思うようなレベルの初心者でした・・笑

ググっても分かりやすい情報がなかったため、過去の私と同じような初心者の方に向けて、ファントムウォレットの設定方法を解説していきます。

また自分自身の身を守るために、初心者がPhantom Wallet(ファントムウォレット)を扱う上で注意すべき点もお伝えしていきましょう。

ぜひ最後までご覧ください。

【疑問】Phantom Wallet(ファントムウォレット)とは?

【疑問】Phantom Wallet(ファントムウォレット)とは?

そもそもの疑問として、「Phantom Wallet(ファントムウォレット)とは?」と感じる人もいるかもしれませんね。

仮想通貨の取引やブロックチェーンゲームを始める際に、Phantom Wallet(ファントムウォレット)は、初心者にとって登竜門的な存在です。

ただし”Phantom Wallet(ファントムウォレット)”という横文字を聞くだけで、拒否反応を示すことも少なくないでしょう。(私もそのうちの一人でした笑)

まずはPhantom Wallet(ファントムウォレット)をご理解いただくために、できるだけ分かりやすい言葉を使ってご説明していきます。

回答:世界共通の仮想通貨用のお財布アプリです

Phantom Wallet(ファントムウォレット)を一言でいうと、世界共通の仮想通貨用のお財布アプリです。

もっと噛み砕くと以下のようなイメージ。

Phantom Walletのイメージ

  • 仮想通貨取引所・・・銀行
  • Phantom Wallet・・・お財布

現実世界で置き換えると分かりやすいですが、銀行にあるお金は、お財布に移して持ち歩かないと現金として使えないですよね。

それと全く一緒で、仮想通貨取引所で日本円と交換した仮想通貨は、Phantom Wallet(ファントムウォレット)に移さないと、何かを買ったり売ったりすることができません。

そのため仮想通貨で取引をするためには、第一にPhantom Wallet(ファントムウォレット)という名のお財布を準備する必要があるのです。

MetaMask(メタマスク)との違いはブロックチェーンの種類

似たような仮想通貨のお財布アプリとして、『MetaMask(メタマスク)』が有名ですよね。

Phantom Wallet(ファントムウォレット)とMetaMask(メタマスク)は、同じお財布アプリではありますが、大きなたった一つの違いはブロックチェーンの種類です。

ウォレットアプリの違い

  • Phantom Wallet・・・Solana(ソラナ)
  • MetaMask・・・Ethereum(イーサリアム)

上記のように、採用しているブロックチェーンが、Solana(ソラナ)チェーン・Ethereum(イーサリアム)と異なります。

超ざっくりいうと、”MetaMaskは日本円しか使えない”・”Phantom Walletはアメリカドルしか使えない”の解釈で全然OKです。

MetaMaskをインストールする方法

【簡単】MetaMask(メタマスク)でウォレットを作成する手順
【簡単】MetaMask(メタマスク)でウォレットを作成する手順

続きを見る

Phantom Wallet(ファントムウォレット)のダウンロード方法

Phantom Wallet(ファントムウォレット)のダウンロード方法

それでは本題であるPhantom Wallet(ファントムウォレット)のダウンロード方法をご紹介します。

具体的な手順は以下の通り。

Phantom Walletの設定4ステップ

  • Phantom Walletの公式サイトへアクセス
  • Google Chromeにインストールする
  • パスワードを設定する
  • シークレットリカバリフレーズを確認する

「デジタル上でお財布を作るのなんて難しそう・・」と不安に感じるかもですが、5分くらいで簡単にサクッとできちゃいます。

実際の画面をお見せしながら、解説していきましょう。

ちなみにPhantom Wallet(ファントムウォレット)は完全無料で利用できます!

①Phantom Walletの公式サイトへアクセス

まずはGoogle Chromeのブラウザから、Phantom Wallet(ファントムウォレット)の公式サイトへアクセスします。

>>Phantom Wallet(ファントムウォレット)の公式サイトはこちら

ココに注意

Phantom Wallet(ファントムウォレット)には、偽サイトがたくさん存在しています。

ニセモノのサイトからインストールしてしまうと、お金が抜き取られてしまう可能性もあるため、必ず正しいURLのリンクから飛びましょう。

もちろん上記のURLは安全ですよ!

公式サイトへアクセスしたら、「ダウンロード」をクリックします。

②Google Chromeにインストールする

続いて、Google Chromeにインストールしていきます。

「クロム」をクリックします。

お役立ちメモ

スマホ用のアプリでも全然OKですが、初期設定はパソコンで行うようにしましょう。

スマホだと操作しにくかったり、予期せぬエラーが起きたりするため、PCの方が安心です。

「Chromeに追加」をクリック。

そのまま「拡張機能を追加」をクリックしてください。

③パスワードを設定する

続いて、パスワードの設定を行います。

「新規ウォレットの作成」をクリック。

ご自身の好きなパスワードを設定し、「続行」をクリックしましょう。

④シークレットリカバリフレーズを確認する

最後にシークレットリカバリフレーズを確認するステップです。

シークレットリカバリフレーズとは、Phantom Wallet(ファントムウォレット)を復元するために必要なランダムな文字列を指します。

後述しますが、シークレットリカバリフレーズは超大事なので、絶対に誰にも共有してはいけません。

例えるならば、あなたの銀行通帳と暗証番号をセットで街中に落とすくらい危険な行為なので注意してください!

シークレットリカバリフレーズを確認してメモを取りましょう。

ココがポイント

最もおすすめな方法は、『紙に書いて保管する』です。

スマホで写真を撮ったり、PCのスクリーンショットで保存したりすると、万が一クラウドまでハッキング被害にあってしまった場合に、データ自体が盗まれてしまうことも考えられます。

紙などのインターネットと切り離したアナログなツールで保存することが、最も安全と言えるでしょう。

キーボードショートカットの案内を見て、「続行」をクリック。

以上で全ての作業が完了です。

無事にPhantom Wallet(ファントムウォレット)を作成することができました!

お疲れ様でした!!

初心者がファントムウォレットを操作する上でのポイント

初心者がファントムウォレットを操作する上でのポイント

ここまで、Phantom Wallet(ファントムウォレット)の概要とダウンロード方法をご紹介してきました。

「よし!確かにそこまで難しくなさそうだからやってみよう!」と思い立っていただけたら嬉しい限りです。

さてここからは、初心者がファントムウォレットを操作する上でのポイントを深掘りしていきます。

仮想通貨の世界は一歩間違うと資産を失ってしまったり盗まれてしまったりと、大きな危険も潜んでいます。

もちろん知識を身につけて対策すれば、99.9%問題ありません。

ぜひ最後まで読み進めた上で、Phantom Wallet(ファントムウォレット)の設定に取り掛かりましょう!

【詐欺に注意】シークレットリカバリフレーズは教えるな!

何よりも最優先でお伝えしたいことは、シークレットリカバリフレーズは教えるな!です。

Phantom Wallet(ファントムウォレット)のシークレットリカバリフレーズは、金庫のカギのような役割を果たしています。

そのためシークレットリカバリフレーズを自分以外の誰かに教えてしまったら、あなたのお財布は他人に使われ放題の状態です。

TwitterなどのDMで様々な手口であなたのシークレットリカバリフレーズを聞き出そうとしてきますが、それは全員100%詐欺師!

何があってもシークレットリカバリフレーズは他人には教えずに、紙に書いて大切に保管し続けましょう。

DYOR:分からないことは、その都度自分で調べよう

仮想通貨やNFTゲームの界隈には『DYOR』という言葉があります。

”Do Your Own Research”の頭文字をとった略語で、日本語に訳すと「自分で調べろ」という意味。

自分で調べずに、誰かに「〇〇が分からないから教えてー」とSNSで発信してしまうと、優しい仮面を被った詐欺師が近づいてくるわけです。

ブロックチェーンや仮想通貨の世界は、新しい分野過ぎて分からないことが続々と生まれてくるはず。

しかし自分の身を自分で守るためにも、『DYOR』を徹底して実行していきましょう。

Phantom Walletを使いこなせるあなたは時代の最先端です

連続してネガティブな印象を与えてしまう内容でしたね・・

ただし、Phantom Walletを使いこなせるあなたは間違いなく時代の最先端を走っている人です。

仮想通貨のウォレットといえば、MetaMask(メタマスク)が主流な現代で、Phantom Wallet(ファントムウォレット)が必要ということは、発展途上の何かに先行投資するケースがほとんどなはず。

私の場合は『Genopets(ジェノペッツ)』というMove to EarnのNFTゲームをプレイするために、Phantom Wallet(ファントムウォレット)をインストールしました。

今のうちからロクに情報が落ちていない仮想通貨の領域に足を踏み入れているあなたは良い意味で変人ですね笑

ぜひ一緒にPhantom Wallet(ファントムウォレット)を活用しながら、新しい時代を楽しんでいきましょう!

以上です。

Phantom Wallet(ファントムウォレット)の全てを余すことなく語り尽くせました。

冒頭では聞き慣れない意味不明な横文字と感じたと思いますが、少しでもイメージが湧いた人がいらっしゃれば感無量です!

それではまたどこかでお会いしましょう(⌒▽⌒)

【Sweatcoin】歩くだけで稼げる?

【歩くだけで稼げる】Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方
【歩くだけで稼げる】Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方

続きを見る

【仮想通貨】ビットコイン投資の始め方

【ビットコイン投資の始め方】仮想通貨初心者こそBTCをガチホせよ
【ビットコイン投資の始め方】仮想通貨初心者こそBTCをガチホせよ

続きを見る

おすすめの国内仮想通貨取引所3選

【ブログがおしゃれに映える】無料・有料のおすすめ画像素材サイト5選
【ブログがおしゃれに映える】無料・有料のおすすめ画像素材サイト5選

続きを見る

-仮想通貨
-,