【2022年】合格者が教える宅建のおすすめスクール・通信講座5社

資格取得

【2022年】合格者が教える宅建のおすすめスクール・通信講座5社

2021年9月12日

こんにちは。ひろポンプです!

「何か将来に役立つ資格を取得したい!」と思ったときに、“宅建(宅地建物取引士)”に挑戦しようと決意した人がけっこう多いのではないでしょうか。

宅建は合格率が約15%という難関の国家資格のため、スクールや通信講座、予備校に通いながら合格を目指していく人も少なくないはずです。

  • 宅建合格におすすめのスクール・通信講座は?
  • 種類が多すぎてどの講座に申込か迷ってしまう、、
  • 独学と講座どちらの方がいいのか教えてほしい。。

宅建の学習をスタートさせる上で、上記のような悩みや不安がつきまとってきますよね。

今回は、【2022年】合格者が教える宅建のおすすめスクール・通信講座5社というテーマで話を進めていきます。

この記事の筆者

約3ヶ月半の学習期間で宅地建物取引士に合格しました。
他にも様々な資格に独学合格しており、FP2級・日商簿記2級・英検2級・漢検2級を保有。
約5年間勤めていた不動産会社で、社内宅建合格プロジェクトリーダーの経験あり。

様々な資格を取得してきた“資格マニア”の私が、数多くある宅建のスクール・通信講座の中から選りすぐりの5つをご紹介していきます。

また記事の後半では、宅建合格を目指していた会社の社員や身近な友人へ実際にアドバイスをしていたスクール・通信講座で押さえておくべきポイントを、包み隠さず公開していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

【2022年】宅建合格におすすめのスクール・通信講座5社

【2022年】宅建合格におすすめのスクール・通信講座5社

さっそく結論である、2022年の宅建合格におすすめのスクール・通信講座5社をご紹介していきます。

それぞれの特徴も一言でお伝えしながら、下記のとおりにまとめてみました。

宅建のおすすめスクール5社

誰しもが一度は聞いたことことがある有名どころも選びましたが、あまり馴染みがないものも挙げています。

1つ1つ丁寧にポイントを解説していきますね。

他にもおすすめの講座があったのですが、6つ以上だと逆に選びにくいかと思ったので、本当に厳選した5つのみをピックアップしました。

これからご説明するそれぞれの特徴を踏まえた上で、5つの中から選べきっと後悔はしないはずです。

『アガルート』:総合力に長けた最短合格カリキュラム

『アガルート』:総合力に長けた最短合格カリキュラム

1つ目は、『アガルート』です。

『アガルート』は法律系の難関国家資格を得意とするスクールで、“コスパの良さ×高い合格率×安心サポート”と今回ご紹介する5つの中で、最もバランスがよい講座サービスでしょう。

より具体的にお話すると、『アガルート』利用者の合格率は43.7%で、Facebookグループ内で受講生からの質問に講師が答えてくれます。

また『アガルート』は“初学者向け”と“中上級者向け”の2種類のカリキュラムが用意されています。

他企業が運営してるスクールでは、どんな人でも一律のコースで学習を進めることが通常の流れですが、「宅建に1~2点足りずに落ちてしまった」「資格は取り慣れている」という人は“中上級者向け”のカリキュラムで勉強をスタートさせることが可能です。

>>『アガルート』の講座を見る

ZOOM・電話・メールで直接、受講相談ができます!(もちろん無料です)

『スタケン宅建講座』:合格者全額返金特典つき

『スタケン宅建講座』:合格者全額返金特典つき

2つ目は、『スタケン宅建講座』です。

『スタケン宅建講座』は宅建に特化したWEB講座で、合格者には全額返金の特典がついています。

『スタケン宅建講座』は料金自体が業界の中でも最安値レベルのため、「何よりも安さを第一優先にしたい!」という人にとってはピッタリのスクールといえるでしょう。

また他のオンライン講座では数十種類の資格の中に宅建士の講座があるというのが主流ですが、『スタケン宅建講座』は宅建のカリキュラムのみのため、相当な自信があるのだと判断できますね。

合格したら実質0円というのは、かなり魅力的なのではないでしょうか。

>>『スタケン宅建講座』の講座を見る

「合格者に全額返金なんて行ってビジネス的に大丈夫なの?」と疑問を持つ人がほとんどだと思います。(私自身も最初は驚きました笑)

調べたところ、『スタケン宅建講座』は不動産のコンサル事業も展開しているため問題ないみたいです!

『スタディング』:圧倒的な低価格でコスパよし

『スタディング』:圧倒的な低価格でコスパよし

3つ目は、『スタディング』です。

『スタディング』は圧倒的な低価格でコスパを徹底追求しているオンライン講座です。

万が一のことを考慮し、申込をした年だけではなく、翌年まで追加料金をかけずにコースを受講することができます。

低価格なのにもかかわらず、学習レポートやメモ機能などの「こんな機能があったらいいな!」というサービスが詰め込まれています。

通常のカリキュラムだけでも合格を狙うことができますが、試験直前対策講座・合格模試がリリースされるのも嬉しいですね(ここは残念ながら追加料金がかかります、、)

>>『スタディング』の講座を見る

『ユーキャン』:手厚い充実のサポート体制

『ユーキャン』:手厚い充実のサポート体

4つ目は、『ユーキャン』です。

誰でも1度は聞いたことがある大手資格講座会社ですよね。

『ユーキャン』の魅力はなんといっても、手厚い充実のサポート体制と断言できます。

これまでご紹介してきた3つよりはお値段が高くなりますが、講師への質問はもちろんのこと、講師のアドバイス付きの添削指導、合格後の求人検索機能までサポートしてくれます。

6ヶ月間の無理のない学習計画に沿って合格を目指すことが可能です。

>>『ユーキャン』の講座を見る

『フォーサイト』:不合格者全額返金保証制度あり

『フォーサイト』:不合格者全額返金保証制度あり

5つ目は、『フォーサイト』です。

今回ご紹介した中で最も値段が高いスクールですが、『フォーサイト』受講者の合格率はなんと65.9%とのこと!まさに圧巻です、、

業界でトップレベルの合格率を誇る『フォーサイト』は、まさかの不合格者に対して全額返金保証制度が存在します。

合格へ導く絶対の自信があるからこその保証内容ですね。「絶対に合格したいけど、不合格だったときのリスクが、、」と心配されている人におすすめです。

資料請求はもちろんのこと、“eラーニング”という学習ツールも無料で体験が可能です。

>>『フォーサイト』の講座を見る

【合格者が教える】スクール・通信講座で押さえておくべきポイント

【合格者が教える】スクール・通信講座で押さえておくべきポイント

ここまで、宅建の合格におすすめのスクール・通信講座5選をご紹介してきました。

「けっこういいかも!」と感じた方は勢いで申し込まず、どの講座が自分に合っているかをしっかり見極めていきましょう。

(特に何も調べずに申込をしてから、後悔していた会社の同僚や友人が大多数だったので。。)

ここからもう少しだけ踏み込んで、みなさんも気になるであろう合格者が教えるスクール・通信講座で押さえておくべきポイントを解説していきます。

判断を迷ったらまずは資料請求or無料体験

「結局のところ、どのスクール・通信講座が自分にあっているか分からない、、」という悩みを持つ人もいるかもしれませんね。

絶対にやってもらいたいことは、判断を迷ったらまずは資料請求or無料体験してみることです。

なぜならば、自分に合っているかどうかは実際に受けてみないと感じられない確率が高いからです。

企業が自分たちのスクール・通信講座の概要を説明しているサイトでは、強みやメリットのみをアピールしています。

“自分たちのサービスが売れて、初めて売り上げが出る”という仕組みなので当たり前ですよね。。

それぞれの講座内容をまとめたホームページでどれがよいかを見極めるのは非常に困難だと思います。

ある程度サイトの中身を物色して「これいいかも!」と思い立ったら、資料請求もしくは体験講義など無料で試せるものにトライしてみましょう。

もちろん無料体験で全てが分かるわけではない可能性も捨てきれないですが、少なくともサイトを眺めるよりはよっぽどマシなはずです。

返金制度の条件・規定は必ず申込前にチェック

あともう1点必ずやってもらいたいことがあります。それは、返金制度の条件・規定は必ず申込前にチェックすることです。

「え?全額お金戻ってくるんじゃん!じゃあこれにしよう♪」と簡単に決めつけるのは危険です。

理由は単純な話で、ただ合格もしくは不合格しただけだと、返金やお祝い金制度の条件を満たさずに、お金がもらえない事態が発生する恐れがあるからです。

申込前に規定は必ず確認するのが一番大事ですが、講座を受けている期間にもしっかり条件を満たしているか適宜チェックしながら、学習を進めるようにしていきましょう。

「お金が返ってくるからこの講座に申し込んだのに、、」と後悔しないようにお願いします。

独学も選択肢の1つとしてアリです

最後の押さえておくべきポイントは、今までの話はすべて元も子もないかもしれませんが、独学も選択肢の1つとしてアリだと個人的に思っています。

実際に私はスクールや通信講座も検討しましたが、その当時が大学生で全くお金がなかったので、独学を選択して無事に一発合格することができました。

「独学と講座どちらの方がいいですか?」と質問される機会が多いのですが、いつも私は『お金に余裕があって、少しでも合格する確率を高めたいなら講座がおおすめ』と答えています。

また「私はどうしても独学が向いていないんです。。」という人もいらっしゃると思います。

※私なりに独学に向いていない人の特徴をまとめた記事があるので、気になる方は下記からどうぞ。

独学に向いていない人の5つの特徴

【資格の独学に向いてない人の特徴5つ】スクールに通うのもアリです
【資格の独学に向いてない人の特徴5つ】スクールに通うのもアリです

こんにちは!ひろポンプです。 コロナの影響で空いている時間が増えた結果、「資格の勉強をしよう!」と決意した方もきっと多いと思います。 「今後の人生で役に立てたいから」「仕事をする上で必要な資格だから」 ...

続きを見る

その一方で、この記事を読んでくださっている人の中には、「独学でチャレンジしてみたい!」という人もいるはずです。

私が独学で合格できた勉強方法を別の記事でまとめているので、参考までにご覧ください。

独学合格できた勉強方法

【独学で宅建合格】偏差値38高校出身の私が受かった勉強法とコツ
【独学で宅建合格】偏差値38高校出身の私が受かった勉強法とコツ

こんにちは!ひろポンプです。 ”宅地建物取引士”は数ある国家資格の中でもトップの人気を誇ります。不動産業界へ就職する方であれば取得必須と言われていますよね。 ただし合格率が低く、難易度もかなり高いため ...

続きを見る

みなさんの汗水流して稼いだ大切なお金です。ぜひゆっくり比較検討してみてください。

繰り返しになりますが、私の意見としては『お金に余裕があって、少しでも合格する確率を高めたいなら講座がおおすめ』ですよ。

宅建のおすすめスクール5社

以上です。

宅建の合格におすすめのスクール・通信講座5社押さえておくべきポイントを詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

宅建は一度合格すれば、一生使える国家資格です。ぜひこの記事をご覧いただいた一人でも多くの方が合格することを願っていますよ!

それではまたどこかでお会いしましょう(≧◇≦)

宅建を取得するメリット

【宅建合格のメリット5つ】役に立たないと言われる本当の理由も解説
【宅建合格のメリット5つ】役に立たないと言われる本当の理由も解説

こんにちは。ひろポンプです! 「将来に役立つ資格を取りたい!」と思ったときに、“宅地建物取引士(宅建)”が頭に浮かんだ人も多いのではないでしょうか。 宅建は日本でもトップレベルに人気な国家資格の一つで ...

続きを見る

宅建合格を目指す『独学』vs『通信講座』

【独学vs通信講座】宅建合格を目指すならどっち?【結論:あなた次第】
【独学vs通信講座】宅建合格を目指すならどっち?【結論:あなた次第】

こんにちは。ひろポンプです! 不動産取引において必須である“宅地建物取引士”の資格は、国家資格の中でもトップ層の人気を誇ります。 ただし「合格は限られた天才しか無理」という難易度ではないため、『独学』 ...

続きを見る

-資格取得
-, , ,