【stand.fm(スタンドエフエム)で稼ぐ方法】音声配信の収益化

音声メディア

【音声で稼ぐ】stand.fm(スタエフ)で収益を得る方法4つ+α

2021年9月26日

こんにちは。ひろポンプです!

「次は音声の時代が来る」という言葉を最近よく耳にしますよね?

既にアメリカでは音声メディアが年々普及しており、今後日本でも音声市場の規模が急激に増加していく見込みです。

ラジオ感覚でお金を稼ぐことができる音声配信アプリ『stand.fm(スタンドエフエム)』を知っている人も多いのではなないでしょうか。

  • stand.fm(スタエフ)収益化の方法を教えてほしい。。
  • スタエフの収益だけで生計を立てられるか気になる、、
  • 音声コンテンツを使ったビジネスチャンスはある?

stand.fm(スタンドエフエム)の収益化について、上記のような不安や疑問を持つ人も少なくないでしょう。

そこで今回は、【音声で稼ぐ】stand.fm(スタエフ)で収益を得る方法4つ+αというテーマで話を進めていきます。

この記事の筆者

『stand.fm(スタンドエフエム)』でフォロワー約1,000人。
200日間毎日更新済み・総再生回数10,000回以上。
>>『ひろポンプラジオ』はこちら

stand.fm(スタンドエフエム)では、収益を得るためのいくつかの選択肢が存在しています。そして音声市場はまだまだ発展途上のため、今後はもっとより多くのお金の稼ぎ方が生まれてくるでしょう。

現時点でのstand.fm(スタンドエフエム)で収益を得る方法4つのご紹介した後に、”+α”と表記している理由を含めて、深掘りしながら解説を進めていきます。

ぜひ最後までご覧ください。

「そもそもスタンドエフエムってなに?」という人は、まず下記の別の記事から概要を見てみてください。今回の記事の内容の理解がより深まるはずですよ!

『stand.fm(スタンドエフエム)』とは?

【stand.fm(スタンドエフエム)とは?】大注目の音声配信アプリ
【stand.fm(スタンドエフエム)とは?】大注目の音声配信アプリ

こんにちは。ひろポンプです! 「最近SNSで“スタンドエフエム”ってよく聞くんだけど。。」という人も増えてきたのではないでしょうか。 スタンドエフエムとは、音声配信アプリで正式名称は“stand.fm ...

続きを見る

stand.fm(スタンドエフエム)で収益を得る4つの方法

『stand.fm(スタンドエフエム)』で収益を得る3つの方法

さっそく、『stand.fm(スタンドエフエム)』で収益を得る4つの方法をご紹介します。

2020年8月にstand.fm(スタンドエフエム)は、約5億円の資金調達を実施している経緯もあり、収益化の方法は1つに限定されていません。

以下のように一覧にまとめてみました。

収益を得る4つの方法

  • SPPになる:再生時間に応じた収益化
  • メンバーシップ機能:月額課金有料チャンネル
  • コンテンツ販売:価格を自由に設定可能
  • 投げ銭:リスナーからのギフトをポイント換金

それぞれ細かく解説していきます。

SPPになる:再生時間に応じた収益化

まず1つ目は、SPPになることです。

SPPとは、”stand.fmパートナープログラム”の略で、簡単に一言で表すと『stand.fmの運営本部に公式に認められた配信者』というイメージでOKです。

”stand.fmパートナープログラム”(SPP)になることによって、再生時間に応じた収益を得ることができ、1時間あたり4~6円とされています。

自分の音声配信をたくさんのリスナーに聞いてもらえれば、その分の収益を得ることができるというシンプルな仕組みですね。

SPPに関しては、別の記事で詳しくまとめています。下記のリンクからどうぞ!

stand.fmパートナープログラム(SPP)とは?

【SPP】stand.fm(スタエフ)パートナープログラムとは?

こんにちは。ひろポンプです! 『stand.fm(スタンドエフエム)』は月間利用者数が100万人を超える大人気の音声配信アプリです。 音声コンテンツを楽しみ始めて間もないユーザーの中には、“SPP”と ...

続きを見る

メンバーシップ機能:月額課金有料チャンネル

続いて2つ目は、メンバーシップ機能です。

一言でいうと月額課金有料チャンネルです。最近の流行だと“サブスク”とも呼ばれますね。

チャンネル会員のメンバーだけに、収録放送・LIVE配信を行えます。また全ての放送を限定公開にするだけではなく、1秒単位で無料公開の範囲を指定できます。

例えば、「10分の放送の中で、冒頭の2分は無料公開で誰でも聞けるようにして、後半の8分はチャンネル購読者のみに公開する」といった感じです。

価格は300円~10,000円の幅で設定可能です。(実際には1,000円未満で設定している人が多い印象です)

元々はSPPのみの機能でしたが、2021年10月から、誰でもメンバーシップ機能を利用できるようになりました。

コンテンツ販売:価格を自由に設定可能

そして3つ目は、コンテンツ販売です。

2022年1月からリリースされたサービスで、自分の音声コンテンツを、価格を自由に設定し、販売することができます。

価格は120円~10,000円までの55段階で設定が可能。またメンバーシップ機能と同様に無料の放送時間の設定もOKです。

Twitterやインスタグラムにも自分自身を信頼してくれるフォロワーさんがいるのであれば、そのまま他のSNSでも拡散することによって、stand.fm(スタンドエフエム)で音声コンテンツ購入してもらい、収益を得るのも実現可能なはずですね。

投げ銭:リスナーからのギフトをポイント換金

最後の4つ目は、投げ銭です。

stand.fm(スタンドエフエム)にはLIVE配信という機能があり、リアルタイムで音声コンテンツを通して、リスナーさんと繋がることが可能です。

そのLIVE配信中にリスナーさんから、”ギフトアイテム”という形で、投げ銭をもらうことができます。

120~10,500ポイントの数十種類のギフトアイテムがあるのですが、1ポイント1円換算で、累計10,000ポイント貯めると換金できる流れです。

2021年11月からはLIVE配信だけではなく、”レター”(配信者に直接送れるメッセージ機能)でも、ギフトアイテムを付与できるようになっています!

極論:stand.fm(スタンドエフエム)で稼ぐ選択肢は無限大です

ここまで、stand.fm(スタンドエフエム)で収益を得られる4つの方法をご紹介してきました。

ただしこれまでにお伝えしてきた内容は、あくまでstand.fm(スタンドエフエム)内のみでの収益化の仕組みです。

極論を言ってしまうと、stand.fm(スタエフ)で稼ぐ選択肢は無限大です。

タイトルで”+α”と表記していた理由も含めて、深掘りしながら引き続き解説を進めていきます。

stand.fm単体で大きな収益を狙うのは正直キツイ・・

ここで一旦、SPPの再生時間に応じた収益化に戻ってみます。1時間あたり4~6円を具体的に考えてみましょう。

例えば月5万円の収益を得ようとした場合、50,000円(目標収益)÷5円(1時間あたりの収益単価)=10,000時間。

毎日10分の音声配信を投稿している配信者がいると仮定すると、10分×30日=300分=5時間。

10000時間÷5時間=2,000回再生。これらの計算から1日あたりの再生回数が2,000回再生する必要があります。※1

今の時代を席巻するインフルエンサーであれば、簡単にクリアできる数字ですが、一般人が毎日2,000回再生は実際のところ、無理ゲーでしょう。。

stand.fm(スタンドエフエム)単体で大きな収益を狙うのは正直キツイです・・

※1 しかもあくまで最初から最後まで聞いてもらうのが2000回再生のため、途中離脱することも考えると現実的には3,000~5,000回再生は必要なはずです。

スタエフ以外の自作コンテンツへリスナーを促しましょう

先ほどの話を聞いて、「なんだ。。夢物語か。。」と暗い残念な気持ちになってしまった人もいるかもしれませんね。

ただご安心ください。他にも収益を得る方法があります。それはズバリ、スタエフ以外の自作コンテンツへリスナーを促すことです。

最も分かりやすい例は、ブログやnoteなどのテキストのコンテンツでしょう。

stand.fm(スタンドエフエム)の音声配信の中で、テキストのコンテンツを紹介し、放送の概要欄にリンクを貼っておくと、聞いてくださった方々が訪れてくれる機会が増えていくはずです。

実際に私もブログの内容をそのまま音声配信で喋り、ブログへのリンクを載せておくと、紹介したブログ記事のPV数が伸びたケースを幾度となく経験していますよ。

stand.fm(スタンドエフエム)は他のSNSや自作コンテンツと組み合わせることで、想定以上の相乗効果を生み出せるのも魅力の一つです!

以上です。

stand.fm(スタンドエフエム)の収益化・稼ぐ方法を正しく理解できれば、ご自身のやりたいことと組み合わせることで、可能性はまさに無限大ですね。

これから一緒に音声メディアを盛り上げていきましょう!

まずは『stand.fm(スタンドエフエム)』でお会いできることを楽しみにしています(*^_^*)

>>『stand.fm(スタンドエフエム)』公式HPはこちら

>>『ひろポンプラジオ』はこちら

『stand.fm(スタンドエフエム)』の始め方

【stand.fm(スタエフ)で音声配信】始め方・使い方を全て伝授
【stand.fm(スタエフ)で音声配信】始め方・使い方を全て伝授

こんにちは。ひろポンプです! 音声メディアが盛り上がりつつある現代では、音声配信アプリstand.fm(スタンドエフエム)が大注目されています。 通称“スタエフ”とも呼ばれていて、利用者もグングン伸び ...

続きを見る

stand.fm(スタエフ)おすすめチャンネル5選

【stand.fm(スタエフ)おすすめチャンネル5選】人気ラジオ配信
【stand.fm(スタエフ)おすすめチャンネル5選】人気ラジオ配信

こんにちは。ひろポンプです! 音声メディアの盛り上がりで、stand.fm(スタンドエフエム)のアプリをインストールしている人も増えてきましたよね。 ただ始めたばかりの時点では、どのチャンネルの音声配 ...

続きを見る

おまけ:『ボイステック革命』による音声の時代へ

音声の未来に興味がある方には、必ず手に取ってもらいたい1冊です。

もちろん私も読まさせていただきましたが、僕ら日本人はこれから音声の時代を生きていくと確信する内容が書き記されています。

動画を遥かに凌ぐ可能性を秘めている音声を、今この瞬間から情報をキャッチしていきましょう!

-音声メディア
-, , ,