qualification

【英検3級】偏差値38の私が一発合格できた独学での勉強方法とは?

こんにちは。ひろポンプです!

「何か資格をとりたい!」となったときに“英検(実用英語技能検定)”を思い浮かべる人って多いのではないでしょうか。

実際に年間250万人以上の受験生がいる人気な資格です。

  • 英検3級の受験に向いている人はどんな人?
  • 独学で合格した人の勉強方法が知りたい。。。
  • おすすめの参考書やテキストを教えてほしい、、、

英検受験を検討している方の中には、上記のような悩みを抱えていることも少なくないはず。

今回は、【英検3級】偏差値38の私が一発合格できた独学での勉強方法とは?というテーマで話を進めていきます。

この記事の筆者

今までに英検2級・宅地建物取引士・FP2級・簿記2級・漢検2級を全て独学で合格してきました。
英検3級は中学校3年生のときに合格しています。

タイトルにもある通り、私は偏差値38の高校出身です。

英語のテストでは「A~Zのアルファベット26文字を全て書きなさい」という問題が出題されたぐらい頭の悪い学校でした(笑)

そういった環境にいたからこそ、自分で最善の方法を模索しながら編み出せた勉強方法やノウハウをご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

英検3級は義務教育を終えていれば誰でも独学合格が可能

結論からいうと、英検3級は義務教育を終えていれば誰でも独学合格が可能です。

合格を求められているレベルが中学卒業程度の英語力のため、中学校3年生までの英語の授業をきちんと理解できていた人からすると簡単な資格と言われています。

ただし、ダラダラと授業を受けていた人や久しぶりに英語に関わる人からすると、そこそこ勉強が必要な資格であることには間違いありません。

英検3級の難易度・合格率

英検3級は、1次試験(筆記とリスニング)と2次試験(面接形式のスピーキングテスト)に分かれています。

そして英検3級の1次試験と2次試験をあわせた、全体の合格率は50%~55%と推測されます。

英検を運営している日本英語検定協会は今まで毎回合格率を発表していましたが、2016年以降合格率の発表を行っていないため、”推測“という言葉を使っています。

しかし、試験自体の内容は大幅に変わっていないため、現在も同等な合格率と考えられます。

比較的難易度が低いと言われる英検3級ですが、受験した人の約半数は不合格となるため決して甘くはありません。

英語の基礎力を固めて試験に臨むようにしましょう。

英検3級合格に必要な勉強時間

中学の英語の基礎知識がある程度身に付いている人であれば、英検3級合格に必要な勉強時間は約20時間と言われています。

ただ英語の理解力は人によってバラバラです。

過去問や予想問題で安定的に合格点をとれるまで、ひたすら勉強していくことが大切だと思います。

英検3級の受験に向いている人

英検3級の受験に最も向いていると考えられる人は、中学校2年生後期~高校1年生前期ぐらいの学生さんでしょう。

私は現在20代後半のアラサー独身男性ですが、英語学習はは中学校から始まり、高校・大学、そして社会人になっても英語の存在は身近なものです。

正直にお伝えすると、私は中学校2年生の後期までずっと苦手意識を持っていました。。。

しかし中学校3年生のときに、中学英語の集大成として受験を決心して、必死に勉強した結果、高校・大学ではどちらかというと英語は得意科目になり、その後の人生で英語が足を引っ張るという事態は起きませんでした。

今後の長い人生の中でずっと英語と付き合っていくのであれば、“英検合格”という目標を立てて勉強していくと自分の人生がよりうまく進むはずですよ。

その他に向いている人

もちろん英語関係の習い事をしている小学生、英語が得意な中学1~2年生、英語に関わりたいという気持ちをもった大人にもオススメです。目標を掲げて勉強することは素晴らしいことですよね!応援しています♪

英検3級のおすすめ勉強方法

ここからは、英検3級のおすすめの勉強方法をご紹介します。

繰り返しになりますが、英検3級は中学卒業レベルの英語力が求められてます。

そのため特段難しいことを覚える必要はなく、基礎基本の知識を蓄積していくことが最も効果的な勉強法です。

具体的な勉強の進め方を解説していきます。

テキスト1冊勉強すればOK

中学校の英語のテストで平均点以上をとれている人は、テキスト1冊勉強すれば十分合格ラインを狙えるはずです。

わざわざ英検3級の合格のためだけに、塾やスクールに通う必要はないかなと思いますよ。

「テキストだけの勉強だと不安だな、、、」という人がもしいるのであれば、後程ご紹介するオンライン教材を購入して自宅等で学習を進めた方が、そこまでお金も時間をかけず最短距離で合格までたどり着けるでしょう。

おすすめのテキストの詳細については、後程ご説明していきます!

ひたすら英単語を覚える

特に英語が苦手だなと感じる人は、ひたすら英単語を覚えるようにしましょう。

英語学習全般に共有して言えることなのですが、英語も単なる言葉の羅列です。

例えば日本語で下記のような言葉の羅列があったとします。

言葉の羅列

食べた・さとしくん・カレーライス・昨日・作った・夜・大盛り・お母さん

単語の意味さえ分かれば順番はどうであれ、なんとなく『さとしくんは昨日の夜にお母さんが作った大盛りのカレーライスを食べた』と分かると思います。

英語も全く同じで、日本語と文法的な違いはあるかもしれませんが、英単語さえ分かっていれば、なんとなく文章全体の意味は理解できるはずです。

逆に英語の1つの文章の中に2つ以上分からない単語があると、その時点で全体の文章の意味も分からなくなってしまうと言われています。

それだけ英単語が大事ということです。英単語などを使ってひたすら覚えていきましょう。

声に出して発音を身につけよう

テキストを使って単語を覚えていくと同時に、声に出して発音も身につけていきましょう。

英検は漢検や数検と違って、2次試験で実際に人と英語で話す面接形式のスピーキングテストがあります。

そのため、黙々と机に向かって勉強するだけでは、英検合格へ遠回りになってしまいます。。。

最初はうまく発音ができず、声に出すのが恥ずかしく感じかもしれませんが、続けていくことで徐々に上達していきますよ。

またスピーキング能力を上げることは、自然とリスニング能力が上がることにも繋がるため、今後の英語学習において非常に役立ちます。

よくある質問

英検は1次試験(筆記とリスニング)を受験して合格したら、2次試験(面接形式のスピーキングテスト)に進める流れになります。

「1次試験と2次試験は同じタイミングで勉強した方がよいですか?」とよく質問を受けるのですが、同じタイミングで勉強する必要は全くなく、むしろ1次試験までは1次試験に100%の力を注ぎ、1次試験に合格してから、2次試験対策を進めるのがベストです。

理由は、2次試験の合格率は約9割で比較的簡単なことと、1次試験と2次試験の間は約1ヶ月空くため、合格してから勉強すれば、十分に間に合うからです。

また1次試験の勉強のさいに、この“声に出して発音を身につける”ことができていれば、より2次試験の合格率が高くなると言ってもいいでしょう。

英検3級合格におすすめな人気のテキスト・教材

ここからは、英検3級合格におすすめな人気のテキスト・教材のご紹介です。

英検は人気の資格なので、様々な種類のテキストや教材があって迷ってしまう人もきっと多いはずです。

スクールに通わず様々な資格に独学で合格してきた私が見定めたものを提案していきます!

本で学べる参考書タイプのおすすめテキスト3選

まずは、本で学べる参考書タイプのおすすめテキスト3選のご紹介です。

先ほども述べましたが、英語に苦手意識が少ない人はこれから紹介するテキスト1冊を勉強すれば、十分合格を狙うことができると思いますよ。

ただし「1冊だとちょっと不安だな、、、」と思う人は、自分の苦手分野を補うテキストを購入して、勉強を進めていきましょう。

おすすめ①

英検3級総合対策教本 改訂増補版


本のタイトルは少し堅苦しいですが、“総合対策教本”と言葉通り、この1冊に英検3級の受験申込から二次試験対策までの全てが詰まっている良書です。

どのテキストを買うか迷っている人は、この1冊から勉強をスタートさせることをオススメします。

オススメ②

7日間完成 英検3級 予想問題ドリル


タイトルにもある通り、“7日間”という短期間で集中したい人向けのテキストです。

ある程度英語の基礎力が既に付いている人、最後の総復習で準備を万全にしたい人に向いている問題集ですね。

オススメ③

英検3級 でる順パス単


「これさえおさえておけばいい!」と言い切れる、絶大な信頼をおける英単語帳です。

何度も伝えていますが、英語は単語さえ分かれば文法の理解がイマイチでも、文章の内容をなんとなく読み解くことができます。

勉強を進めていく上で知らない単語が多いと感じたら、1冊買ってみても損はしないはずです。

おすすめのネット教材『英検ネットドリル』

「英検3級の試験対策は完璧なものにしたい!」と強く希望している人は、『英検ネットドリル』がおすすめです。

『英検ネットドリル』は、上記のおすすめテキストで紹介した英検受験の全てを網羅しているといっても過言ではない“旺文社”の参考書などを、パソコンとタブレット両方で学べる業界初の本格派ネット教材です。

もちろん参考書タイプ1冊の値段よりお金がかかってしまいますが、より効率的に合格を目指して勉強したい人にとってはピッタリでコスパがいい教材だと思います。

無料体験も可能なので、気になる人はぜひお試ししてみてください。

>>『英検ネットドリル』はこちら

以上です。

中学3年生までに英検3級を取得できていれば、高校受験に有利に働くこともあります。

英検合格を目標に掲げてぜひトライしてみてください。応援しています!

近いうちに英検準2級・英検2級の記事もUPします。またお会いしましょう(*‘ω‘ *)

簿記3級はこちらから

【簿記3級は独学で受かる?】出身高校偏差値38の私が合格した勉強方法

こんにちは。ひろポンプです! 数ある資格の中でも簿記って人気の資格ですよね! 簿記を受ける上で様々な疑問を持つ方も多いと思います。 簿記3級って独学でも受かるの? 簿記3級合格のための勉強方法は? 独 ...

続きを見る

FP3級はこちらから

【FP3級を独学】出身高校偏差値38の私が合格した勉強方法とは?

こんにちは。ひろポンプです! お金に関する資格で真っ先に思い付くのが「ファイナンシャルプランナー(FP)」ですよね! その中でもFP3級は家計管理や資産形成などの実用的な知識を身につけられる入門的な資 ...

続きを見る

-qualification
-, , , , ,

© 2021 ひろポンプブログ Powered by AFFINGER5